福島キッズアートプロジェクト ~アートがひらく・アートがつなぐ・子どものこころ~

 

福島など被災経験を持つ子ども達とインドで児童労働を経験したボーンフリーアートスクールの子ども達が、

アートを通じてお互いを理解しあいすべての子どもがすこやかに育つ平和な地球をつくるために心をかよわせることを目指しています。

福島キッズ アートプロジェクト とは?

 

3.11後に外遊びができないなど様々な事情で不安やストレスをかかえている子ども達のために、絵画、音楽、ダンスなどのアートを使って

子ども達の夢やそれを実現する希望や勇気を取り戻すワークショップを実施する企画です。

 

日本では福島の原発事故の被害は「被ばく」という目には見えない形で広がり、現在も収束が見えない状況が続いています。

事故後、福島県が行った健康 調査では59名の子ども達が甲状腺がんを発病又は発病の恐れがあるとされています。

 

子ども達は様々な事情で地域に安心して安全に暮らせる場所がない状況にあり、精神的にも肉体的にもストレスを抱えた環境に置かれています。

 

子ども達は、インドのボーンフリーアートスクールで児童労働や貧困を原因としたトラウマからアートによる回復を遂げている子ども達と出会い、

アートワークショップを通じてパフォーマンス(音楽、演劇、ダンス等)を共同で制作し、舞台発表を行います。

地球市民になろう!

福島とインドをアートで繫ぐ、トークムービー

 

インド国際夏期学校やこどもアートコンクール、アート展について

画家でジャーナリストの増山麗奈さんによる、トークムービーです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now